日記

自由は拘束の中にある

投稿日:

「ずっと奴隷になってみたかったんです」

 

関係を結んだサブミッシブ女性の口から安心したように発せられる言葉だ。

 

誰にもできない告白だったのだろう。

 

社会的に成功していればいる程、社会的に良識的であればある程、この言葉を世に放つことは躊躇われる。

よく男性が「M願望を隠している女性を解放してあげます」と嘯いているが、事態はそんなに安易ではない。

本当に従者になりたい女性は一般的なそれよりも常識があり、慮り、配慮がある。刹那的なSMプレイを望む女性とは別種だ(別種なだけでそれが悪い訳ではない)。

自分が変態だと思われる事を懸念するだけではなく、告白された相手の心持ちも想像してしまうだろう。

サブミッシブ女性にとっての解放とは性癖や願望のカミングアウトではなく、もう取り繕わなくて良いんだという安堵だ。

男性が想像している解放とは残念ながら全くの的外れである場合が多い。

 

自由は拘束の中にある。

 

主が設けた拘束の中で、逆説的に奴隷は自由を手に入れる。

主を求める女性は、日々想像し、悩み、祈り、望まない男性からの連絡が溢れていく。

主従関係を結ぶという行為を想像する時、僕は雨の中で濡れた女性に傘を差し伸べる姿を想像する。

湿度のストレスや雨音の雑音がなくなった訳ではないのに、どこか救われたような気持ちになる。

奪われていった体温が戻ってくる。

 

「主従関係」を想像した時に想い描く風景はそれぞれだ。自由でもある。

同じ風景を見てみたいと思った時に、風景の一部になってみたいと思った時に、男女は関係を結ぶのだろう。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキングへ

 

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

雪は誰に降るのだろう

  すっかり忘れていた。 以前、宇都宮のbarで知り合った女子大生がいる。 大学三年生の、工学部に通っている少数派(少なくとも僕のまわりに工学部に通っている女性はいなかった)の女性だ。 会社 …

奴隷の努力は当然ではない

主従関係においてどちらが努力をしているかと言われれば、それは間違いなく従者であると思う。 主となる男性が何も努力をしていないかというとそうではない。ただ我々S男性側は(少なくとも僕は)関係の維持におい …

仕合わせのかたち

最近仕事がとても忙しい。 今は休憩に入ったサンマルクカフェでぽちぽちと記事を更新している。 僕がコンサルタントとして対応している仕事では忙しさの波が激しく、一般企業によくある定期の繁忙期という概念がな …

幸福な矛盾

綺麗事を書きたい。 調教や主従関係には楽しい面もあれば恐怖であり悲哀の面もある。 この多面性については熟考して来たつもりだし、他の男性と比べものにならない程の間違いも犯して来た。 故に、経験は少なくは …

no image

よくある質問への回答

  調教希望の連絡を頂く中で多い質問があるので、今回は記事として回答したい。 ■写真を含む情報の流出が怖いです。 最も多い問い合わせがこれだ。こちらに関しては、僕の嗜好をお話しておきたい。 …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

カレンダー

2020年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。