よくある質問への回答 日記

なぜご主人様選びを間違えるのか?

投稿日:

僕はSNSとしてはTwitter(@mukuro_smblog)を利用しているが、主従関係が始まり、別れるまでのシーンをよく見かける。

関係を持った男女がTwitterでも仲睦まじくやり取りを重ね、周囲もその光景を微笑ましく、時には憧れをもって眺めている人もいるだろう。

しかしある日突然、「関係を解消することになりました」というツイートが流れフォロワーを驚かせる。

その場面を見かけた人々は「こんなにあっけなく関係は終わるんだ」と思うかもしれない。しかしそこには我々には見えない無数のやり取りやストレス、機微があったのだと思う。

 

一例としてTwitterを挙げたが、このようなことはSM出会い掲示板やチャットルームのような場所から始まった関係でもしばしば見られる光景だ。

Twitterは分刻みでリアルタイムに、かつ時系列的にツイートを追うことが容易である。他のツールに比べて主従二人のやり取りが公開されているケースが多いので目立つのだ。しかし短期間で終わってしまった主従関係が粗末なものだったかというと、僕は決してそうは思わない。

 

主従関係のパートナーを探すのはとても難しい。

 

構図としてはドミナント(支配嗜好)の男性に惹かれたサブミッシブ女性(服従嗜好)が奴隷になることを志願する形式が最も多い。

対照的にとても魅力的なサブミッシブ女性がいたとして、それに対して男性が「僕をご主人様にしてくれませんか?」とアプローチする姿もSNSではよく見られる光景だ。

しかしこれでは、主従関係における最も大切な部分が最初に破綻してしまう(もちろん100%の失敗ではないだろうが)。ご主人様・支配者にはお願いしてなるものではない。

M女性がご主人様を求める時、その人のSMや主従関係に対する価値観や考え方にフォーカスして相手を選別する事が多いだろう。

それは間違っていないように思う。ただそれに振り回されてしまう女性も多い。

大前提として、ご主人様である前に人間的に魅力的で常識的であることを条件に含めなければパートナー選びを間違えてしまう。

毎回ツイートする言葉が素敵で奴隷志願をした。実際に関係を持ってみたら連絡が雑で理不尽で自分勝手で……。最初はそれも媚びない魅力的なドミナントであるように見えてしまうかもしれない。

しかし元々性格の悪い人間がご主人様になった途端有能で善人になることはない。振り返ってみたら、ご主人様とSMや調教以外の話をした事がなかったなんて事はザラにある。

むしろ主従関係がなくても関係を続けたいと思えるような相手こそ、とても良好な主従関係を築けるのだと思う。

ご主人様と良い関係を築いているM女のツイートや話を聞いていると、ご主人様のドミナントの部分だけではなく人間的な魅力について話をしている場面をよく見かける。

自分の事を理解してもらえるというというのは、ご主人様にとってもとても幸福な事だと思う。奴隷は自分を解放できて理解してもらえた事に感動しているかもしれないが、それと同じくらいご主人様も幸福を得ている。少なくとも僕はそう感じている。

 

SMや調教に長く触れていればいつか良い相手に突然出会えるというものでもない。いま現在心から素敵だと思えるパートナーと関係を持っているのであれば、その縁は本当に大切にして欲しい。

世の中には自分にとって「ご主人様」としか表現できない男性がいる。

そしてそれは、そう出会えるものではないから。

 

 

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキングへ

-よくある質問への回答, 日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

このブログから関係を結ぶ意味

  数多ある調教ブログの中で、このブログから出会うことを選ぶ意味。 それは日々このブログを覗きに来てくれるM女にとって、少なからず関心のある事だと思う。 久しぶりに「調教ブログ」というキーワ …

多頭飼いは不誠実か?

多頭飼いについて書く。 調教や主従関係は人の気持ちが関わることなので、メリットやデメリットといったドライな表現は避けたい。 1対1の関係も多頭の関係も経験してきて、考え方は変化してきた。思考の幅が拡が …

女性が主従関係に興味を持つ切っ掛けは

以前、このような記事を書いた。   「誰にも言えなかった性癖を自分が開放してあげます」の真実 お時間があるようならばリンクの記事を一読して頂ければ幸いだが、要約するとネット上の疑似S男性がよ …

白夜に手を振って

夜がいつも同じ色であるとは限らない。   精神状態は、視覚に様々なフィルタをかける。 初めて首輪をかけた夜は青白く甘く、首輪がちぎれた夜には暗黒色が視界を満たしていく。 サディストだろうがド …

自由は拘束の中にある

「ずっと奴隷になってみたかったんです」   関係を結んだサブミッシブ女性の口から安心したように発せられる言葉だ。   誰にもできない告白だったのだろう。   社会的に成功 …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

カレンダー

2020年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。