日記

さよならの場所

投稿日:2017年12月18日 更新日:

 

僕のところには日々、沢山の女性からの問い合わせが届く。

その中でやり取りが続き、実際に会って主従関係を結ぶ方、さらに継続して関係を持つ方というのは限られてくる。

一度会って調教を経験した女性の中にも、一度きりの体験で楽しく終わる方、音信不通になる方もいる。

経験してみて満足したのか、男性として僕が好みでなかったのかは定かではないが、女性によって去り方は様々だ。

しかし何回か継続して調教を受けた方との関係が終わる時、共通している事がある。

何度か会って主従関係を深めた女性と別れなければいけなくなった時、彼女たちの反応はいつも穏やかだ。

結婚をする、恋人以外の関係を改める、引っ越す、など理由は様々だが、お互いに尽くしていた関係である以上別れの中には特別な感情がある。

自分が普段曝け出せない気持ちを満たし合っていたのだから、ある意味では恋人や婚約者以上に信頼していた面もあるのかもしれない。

いずれにせよ、関係の整理を選択したことを応援したいし、選択した先が幸福であって欲しいとも思う。

性欲だけを満たしたい方の気持ちも否定はしない。それもまた一つの悩みだろうから。

ここが女性にとって悩みが一つ減る場所であれたらと思う。

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

 

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

首輪を着けられた世界は

人生のある時期に、首輪を着けられている時期があってもいいと思う。 それは何かの隠喩ではなく、物理的な話だ。   些細な切っ掛けがあり、ご主人様を探す女性がいる。それは学生の時分かもしれないし …

女性ごとに適切な調教がある。

「奴隷になってみたい」 そんな風に考えたことのあるM女はとても多いだろう。 その中から行動に移すのはほんのひと握りの女性だけで、冗談ぽく彼氏に話をしてみたり、ネット上に出会いを求めることもある。 知識 …

白夜に手を振って

夜がいつも同じ色であるとは限らない。   精神状態は、視覚に様々なフィルタをかける。 初めて首輪をかけた夜は青白く甘く、首輪がちぎれた夜には暗黒色が視界を満たしていく。 サディストだろうがド …

主従と恋愛、単頭と多頭。

恋愛と主従はまったく異なるものであると思うし、非常に近似したモノであるとも思う。 初めて女性を調教した時から、恋愛と主従の「似ている」と「似ていない」を何度も繰り返して来た。 僕は恋愛と主従を同じ相手 …

no image

彼氏とご主人様 ②

  彼氏とご主人様 調教志願の連絡を頂いた女性と実際に会った時、どのタイミングでSMや調教に興味を持ったかという会話になる。 「たまたまネットで…友達とふざけて観たAVで…」などきっかけは様 …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。