日記

溶けていく現実

投稿日:

世界が変わる瞬間というのは、長い人生の中で何度か訪れる。

 

色彩が移ろい、かたちが変化し、溶けて、収束し、霧散する。

概念と形容とが連続して、「私」と「あなた」が作られる。

 

芝居掛かった言い回しを、芝居の世界だけにしておくには勿体ない。

今でもふと、僕と奴隷との生活について現実感を失うことがある。

成人した女性に首輪をかけ、リードを引き、叩き、抱き締める。一般的な優しさなどどこにもなく、しかしこの二人の中でそれを不満に思う人間はいない。

成長過程のどこかで出会ってしまった「支配をしたい」という気持ちと「支配をされたい」という気持ちが呼応して、そこにはとても満たされた世界が作られる。

それを見た誰かが非難をしたとしても、その人を納得させる必要はない。それは2人にとってのみ正しくあればいい。

主従関係を結ぶ前というのは、男女ともにそれが現実であるとは信じられない。

あくまでAVの世界であって、小説の世界のはずだった。

しかし実際に人が人を飼育・調教する世界は存在する。想像していたよりもずっと辛くて苦しくて悲しくて最高に幸せだろう。

30階にあるレストランで食事をする時に最も幸福を感じる女性もいれば、地べたに這いつくばってご主人様の足を舐めている時に最も多幸感を得る女性もいる。

それはきっと、どちらも正しい。

盲目的に主従関係を進めたり、アブノーマルを楽しめば良いとは思わない。

しかし空想は思っていたよりもずっと近くて、それを隔てる壁は薄い。

 

 

↓1クリックご協力下さい。

アダルトブログランキングへ

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

主従関係は自分を守ることから始まる

主従関係は自分を守ることから始まる。 主従関係を持った人たちを見ていると、奴隷が主人に対して調教以外の相談をしている場面をよく見かける。 これは僕と奴隷の間にも顕著な話で、就職・人間関係・家庭環境など …

性癖とNG行為について

今回はアブノーマルな世界に関する、主に主従やSMにまつわる性癖とNGについての考え方を書きたい。 暇つぶしの読み物程度に捉えて頂ければ幸いである。   「主従」という関係がある。 これはサド …

奴隷との関係性について

現在僕は、複数人の奴隷を調教している。 それはブログに写真で登場する女性もいるし、そうでない者もいる。 僕は自分に最も適した形態として「多頭飼い」というスタイルをとっている。 主人は僕ひとりで、複数の …

マゾヒズムとサブミッシブの違い

マゾヒスト・サブミッシブの女性の心理について、もう長いこと思案をしている。 自分の奴隷の心理を理解したいし、純粋にそれらの心理状態に興味があるのだ。 大学の講義や書物から得た情報の他に、自分自身が奴隷 …

心が壊れてしまう前に

主従関係は楽しく、人生を彩るものだと思っている。 しかし良好な主従関係を経て(若しくは早い段階から)非道い結末を迎えてしまった主従カップルも存在する。 数日前までSNSで密度の高い発信をしていた主従関 …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。