よくある質問への回答

性欲の強い女性はSMが好き?性欲の強さに悩む女性

当サイト「M女のための調教ブログ」に寄せられるSM調教希望者の中には、実に様々なタイプの女性が存在する。

年齢や立場、職業、性格や性癖など様々な要因により人格が形成され、何かのタイミングでSM調教を経験してみたいという願望が芽生える。

僕は調教希望の問い合わせを頂いた時にその女性が主従関係に興味を持った切っ掛けや興味のあるプレイなどお話を聞かせて頂くが、その中で幼い頃から性的好奇心が人一倍強かったという女性はとても多い。

今回は関連して性欲が強すぎることに悩む女性について書きたい。

 

性欲の強さに悩む女性

「自分は他人より性欲が強いような気がする」

「したくなったら我慢ができない」

調教希望を頂いた女性の中で、こういったお話をされる機会は少なくない。

こういう女性は我慢ができない自分に罪悪感を抱いたりいたずらに経験人数が増えていくことに自己嫌悪しているケースもある。

セックスをすることが悪いことだとは思わないが、自分を安売りするような経験が増えてしまうのは女性にとっても不本意だろう。

※中には多数の男性と経験を重ねること自体が快感の女性もいるが、もちろんそれも否定はしない。

性欲の強さに悩む女性として、過去に関係を持った女性の中から例を挙げてみる。

 

一人暮らしを始めた女性

毎年この時期になると、新社会人や新大学生・専門学生からの調教希望が増える傾向にある。

そういった女性のお話を聞いていると、この時期に問い合わせが増えることがとても自然な現象であることがわかる。

彼女たちは元々実家で家族と暮らしている時から極めて性的関心が高く、家族の目を盗んでスマホやPCでSM系のサイトを閲覧していたようだ。

また家族の目もあるので交際をオープンにできる恋人以外に男性との経験が増えることもなく、SM系の掲示板やTwitterを眺めながらも行動には踏み切れなかった。

新生活の中で一人暮らしを始めると、スマホにさわる時間も増え趣味に費やす時間も長くなる。

今まではこのブログを他人事として捉えていたのだが、実際に踏み込んでみようという決断をして下さったようだ。

自由にできる時間が増えたことにより、SMに限らずナンパやクラブからのワンナイトなど性的に乱れてしまう女性は少なくない。

実際に歯止めが効かなくなってしまった女性も沢山見てきた。

自由な時間が増えた環境の中では元から強い性欲を自制するのがより難しくなる。

 

結婚前によくモテた人妻

容姿が良く結婚直前まで多くの男性から言い寄られた女性もこの傾向にある。

そもそもそういった女性を射止めて結婚したのだから、相手の男性も容姿が良かったり社会的にとても確立された立場の男性である場合も多い。

容姿が良くなくてもビジネススキルや女性への対応など何かしら女性から魅力的に見えるポイントがあり、結婚後も周囲の女性からよくモテる傾向にある。

とても残念な話だが、関係が長くなればなるほど多くの男性はパートナーから性的関心が薄れていく。

結婚後に家庭でレスになり婚外恋愛で性的欲求を満たす男性がいる。一方で女性は歳を重ねるごとに性的欲求が増していく中で性体験が減ってレスに苦しみ、家庭を出る機会も少ないのでストレスだけが重なっていく。

結婚前後の異性関係の落差やセックス数の激減から性欲が強くなり、発散する手段もなく美しい容姿を持て余す女性がいる。

余談だが、結婚前に夫との交際歴が長い女性も似た理由でストレスが溜まっていく場合がある。

相手に対しての愛情がありながらも結婚後に相手との性行為が減ってしまい、欲求不満になっていくケースである。

 

性欲が強い女性の特徴

自分は性欲が他人よりも強いのではないかと悩む女性の例として以下のような特徴の女性がいる。

あくまで当ブログに問い合わせを頂いた女性からの判断であることを念頭にご覧頂きたい。

 

エッチな事ばかり考えてしまう

隙間時間があると性行為のことばかり考えてしまい、そのまま性的なスイッチが入ってしまうタイプである。

実際に過去に関係を持っていた学生の従者は僕とオープン席で2人で食事をしていても体を触りたがり、その場で性行為を始めかねないほどに発情しやすかった。

タイプの男性を見るとすぐにその人とのセックスを想像してしまうなどの特徴がある女性である。

 

真面目で大人しい

一見下ネタやSMとは無縁に見えながらも、内心性的な行為に他人より強い関心を持っているタイプである。

心理学的な例でもあるが、例えばアイデアを閃いた際にすぐに周囲に話す人は「発散」をしてしまいそれ以上にアイデアが深堀されないタイプがいる。

同様に、溜め込んでいるからこそ妄想が広がりより性的な興味から頭が離れなくなるタイプである。

 

巨乳など女性らしい身体つき

常に男性から性的な視線を浴びている自覚があり、そこから繋がって自分自身も性的な想像・妄想をしてしまう女性から相談を頂いたことがある。

常に性的関心の中にいることで一般の女性より「性」を意識する時間が多かった。

自分の身体で相手の男性が喜ぶのが嬉しく、学生時代から誘われたら断れずに交際したりセックスをしてしまっていたようだ。

この女性はずっと受け身だったこともあり、自分から好意を抱いた数少ない相手には歯止めが利かないくらいに心から尽くすようなタイプとなった。

 

すぐにお持ち帰りされてしまう

「この男性はどんなセックスをするんだろう?」といった興味が強く、生理的にNGな男性以外からの誘いには基本に応じる女性がいた。

結果的にはつまらない男性もいるので後悔もあり、振り返った時に自己嫌悪に陥ることもある。

SMに関心がありながらも自分からは言い出せず、ワンナイトを続ける中で偶然SM嗜好者との出会いを求めていたのだった。

 

好奇心が強い

性的なことに限らず、好奇心が特別強い女性がいる。

小説・映画・演劇など関心が高く、沢山のものにふれてみたいという気持ちが強い。

そういった中である日特殊な性的嗜好に関心を持ち(小説やイラストから関心を持つことも)、一度経験してみたいという欲求が高まる事がある。

行動の原動力がコストや合理性とは無縁で、勢いで経験をしてみたいという女性がいる。

 

強い性的欲求とは付き合い方が大切

性的欲求が強いことは後ろめたいことではない。

しかし自身のブレーキが効かずにいたずらに経験が増えてしまったり、危険な目に会うこともある。

「M女のための調教ブログ」から問い合わせを頂く女性は、自身の強い性的欲求をコントロールしてくれる相手を探している側面もあるのだろう。

自分の性質がわかっていると、生きるのは少しだけ楽になる。

日々沢山の男性に抱かれる中で性欲が落ち着くまで遊んでみたいという女性もいるので、自己責任でそれも良いと思う。

マゾやサブミッシブの素質があれば、主従関係は普通のセックスよりもとても心地良く強い刺激を与えてくれる。

心当たりのある女性ならば、性的関心をSMパートナーに向けてみるのも一手ではないだろうか。

 

「M女」を知ろうとするM女

奴隷の調教記録はこちら

調教記録・体験記事 | 東京 M女のための調教ブログ (smblog.jp)

↓クリックをお願い致します。

アダルトブログランキングへ

-よくある質問への回答

あなたは18歳以上ですか? このサイトは性的表現を含みます。

© 2022 東京 M女のための調教ブログ Powered by AFFINGER5