日記

作家という職業

投稿日:2017年9月6日 更新日:

 

僕は普段会社員として平凡に働いている。与えられた役割を全うしようと考えているし、成績の向上を図ることもある。本当にありふれたサラリーマンだ。

学生時代から続けているもう一つの職業として、作家業をしている。

昔から物語を読むことが好きで、大人になってからはビジネス書も読むようになった。

大学生の時に趣味程度で小説を書き始め、書きためた小説を賞に応募するようになった。

大学四年生の時にたまたま地方の文学賞を頂くことができ、小さいながらも名前に冠がついた僕は、それからいくつかのささやかな賞を受賞した。

某出版社からお声かけを頂き、社会人になってから「作家」としてもう一つのビジネスを行うようになる。

サラリーマンをやりながらの作家業は時によっては激務という他なく、極端に睡眠時間が減る時期が毎年何度か訪れる。

それでも発売された本が書店に並んでいるのを見ると感慨深い気持ちになるし、会社の人間や、周囲の友人にもほとんど教えていない作家という職業は、ある種の切り札のように僕の中にある。

営業をしている中で相手が僕のことを探ろうと、一糸纏わぬ姿で抱き合う女性も、僕の中の「作家」には辿り着けない。思いも寄らない。

人は面白い。人は飽きない。

SMというフィルターを通して、いろいろな女性の切り札を覗いてみたい。

秘密を持った女性を、僕は美しいと思う。

吐き出したい想いのある女性からのご連絡をお待ちしています。

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

 

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おもちゃの扱い方

ドミナントのS男性について考える。 個人的には根源としては純粋な性欲であり、掛け算式に性癖が合わさった結果の一つが主従関係と捉えている。性癖を性の好みとするならば種類は多岐に渡り、その中の一束がSM行 …

奴隷について考えるということ

調教の方法は主によって異なる。 故に、調教を経験してみたい女性はパートナー探しに苦労をする。 自分が経験してみたい事もよく理解できず、何をされるかわからない男性とネットから出会うリスクも取りたくない。 …

no image

行く人 来る人

  2017年も終わる。 今年も多くの女性との出会い、別れがあった。 お互いに離れて良かったと思う女性もいれば、離れた後を案ずる女性もいる。 いずれにせよ、切れた糸はきれいには結び直せない。 …

no image

女性が最も美しくなる時

  僕が女性にどんな調教をするか、という質問をよく頂く。 どんな調教をするかというと、それは女性によって異なる。 その女性が最も辱められ、最も屈辱的に感じ、最も美しくなる方法を選ぶ。 その方 …

no image

【定期連絡】お問合せ・調教希望のご連絡を頂いた女性へ

定期的に記載する連絡です。 問い合わせを頂いた女性への返信が届かなかったり、迷惑メールフォルダに入ってしまっている場合がある様です。 通常2日以内には返信しておりますので、届いていない場合には再度お問 …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

カレンダー

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。