調教記録・体験記事

堕ちた女子大生奴隷(あおい 21歳)

久しぶりにあおいの調教記事を書く。

神奈川に住み以前は専門学校に通っていたあおいだが、進路変更をして今は都内の大学に通っている。

進路変更をするのは勇気のいる決断だったと思うが、女子大生となった彼女は変わらず奴隷としての関係を続けている。

あおいは童顔にGカップの豊かな胸と女性的な魅力が強く、これまで多くの男性と恋愛を重ねてきた。

しかし繰り返す恋愛の中でも奥底にある性的欲求が満たされることはなく、長く悩んだ後で僕の奴隷になることを希望した。

主従関係が始まるまで、彼女は恋愛を楽しむどこにでもいる一般的な女性だった。

しかし自分がぼんやりと抱えていた願望を剥き出しにされ、彼女は戻れないところまで来てしまった。

この記事の中でも、彼女が堕ちていく過程が伝わると思う。

 

僕は彼女を都内のホテルに呼び出すと、幼い顔によく似合う水着を着せた。

性的願望に悩む思春期の彼女はきっとこんな姿をしていたのだろう。

その頃と異なるのは、背面は通常のスクール水着よりもずっと卑猥だということだ。

かたちの良い尻を開き、たっぷりの浣腸液を注ぎこんでいく。

苦しそうな声を漏らしながら、彼女は「悲惨」になる準備を整えていく。

いつ漏らすかもわからない状態になった彼女を休ませることなく責めていく。

股間に玩具を仕込み、悶える彼女を放置する。

彼女の切ない声が漏れる中、調教の道具を揃えていく。

 

彼女の秘めた願望は、単純なプレイとしてのSMではなかった。

抽象的で言語化が難しく、ゆえに誰にも説明ができなかった感覚。

彼女は取り返しがつかないほどに支配されることを求めていた。

「個人」が集約された小さなカードを背中に乗せ、地面に頭を擦りつけて躾を乞う。

僕はさらに彼女を絶望させることにした。

モテてきた彼女は男に媚びない。

媚びないはずの彼女が、最も屈辱的で取り返しがつかなくなる姿を命令した。

ガニ股にダブルピース。

主への忠誠を示す絶対的な敗北。

 

勘違いをしてほしくはないが、僕は調教希望があった女性全員に免許証を晒させたりこのようなポーズを強要することはしない。

僕はその女性が奴隷としてサブミッシブとして最も屈辱的で満たされる方法を選ぶ。

例えばそれが部屋の隅にひたすら何時間も立たせている行為が該当するのであれば、迷わずそれを選ぶだろう。

彼女にはこの責め方が最もよく似合う。

乳首にかざりを着け、下品な姿を楽しんだ。

 

あおいに自分の立場を刷り込むため、犬として四つん這いで部屋の中を連れまわす。巨乳を揺らし、だらしなく部屋の中を散歩させられる。

その姿に合った形式でエサを与えた。

 

足舐めを命じる。

指の間まで丁寧に舐めさせ、あえて指の隙間から舌を出させる。

 

関係が始まった頃、彼女は足舐めが苦手だった。

服従願望はありながらも女性としての自尊心もあったのだと思う。

日々のやり取りと調教でじっくりと頭の中を書き換えていき、今では彼女は僕に施されるすべてを嬉々として受け取った。

そして、彼女に中にわずかに残った尊厳を奪っていく。

彼女は人間便器になった。

 

ただ主人の小便を待つだけの置物。ひどい姿だ。

人間便器になった女子大生は、自分の意思で動くことすら許されない。

使用後は美しく整った顔を崩す。

 

そして、トイレ札を下げさせたまま服従を示すポーズを命じた。

 

主従関係や調教に憧れがあったあおいだが、最初からこのようなひどい姿を望んでいた訳ではない。

もっと美しく、甘い関係を望んでいたかもしれない。

もちろんそれが彼女を最も色気のある姿にすると思えばそう調教しただろう。

しかし彼女とのコミュニケーションの中で、僕はこれが彼女にとって最も奴隷として、サブミッシブとして充たされる姿であると判断をした。

次回はもっと彼女の身体や心、脳が気持ち良くなるような調教を施してあげようと思う。

 

調教希望の女性はこちらへ

 

参考記事

美しい少女だったモノ(あおい 19歳)

-調教記録・体験記事

あなたは18歳以上ですか? このサイトは性的表現を含みます。

© 2021 東京 M女のための調教ブログ Powered by AFFINGER5