日記

雨ごしに見る地球

投稿日:2019年2月21日 更新日:

 

僕はよく「価値観」という言葉を使う。

それはその時々の自分を定点観測するための測器でもあるし、人によってその物差しは「成長」とか「成功」とかそういった言葉を用いるのかもしれない。

言葉に限定はなく、自分がもっともわかりやすい言葉を選べばいい。

人には多くの矛盾が内在する。それはきっと人には分からないものだし、顕在化して目に付く矛盾もあるかもしれない。

僕は新しい情報に触れるのが好きだが、対照的に自分の感性を守りたいとも思う。新しい情報を取り入れるのは簡単だが、自分が元々持っている感性を汚さないように保ち続けるのは難しい。

達観した老人のような優しい眼差しに親しみを覚えるし、お腹が空いたと泣き喚く幼子の素直さに憧れる。僕は現実主義者であり合理主義者だが、小説という空想の塊のようなモノを生み出し続けている。それも矛盾だ。

 

感性が腐っていくことは最も避けなければならない。

 

宇宙にぼんやりと浮いている地球のことを考えてみたり、公園の東屋で雨の匂いを楽しんだり。時折自分がこの世界の一員だということを確認しないと、きっと傲慢になってしまうだろう。調和を図る、ということだ。

得てして主人を名乗る人間は傲慢になりがちだ。

主人を名乗れば支配権を得る訳ではないし、何も特別な存在ではない。金で買えるモノに大した意味はないし、金で買えないモノにも大した意味はない。重要なのは自分が何を大切と捉えるかだ。

ただセックスをしたい人には、きっと僕は主人には向かない。僕はその人を知りたいし、理解したい。その上で、最も欲しているものを与えたい。Mであることは普遍的であると伝えてあげたいと思う。

 

マゾであることは何も特別ではないし、尊ぶべき感性だ。

 

それはきっと浮かんでいる地球のことを想像したり、雨の匂いを楽しむのと同じように。

 

 

↓調教に興味のある女性はこちらよりお問い合わせ下さい。

調教希望

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

主従関係はオーダーメイドであるべき

残念ながら主従関係のパートナーが変わる機会は不意に訪れる。 それは男性も女性も傷つくことだし、避けられるならば避けたいと願う人も多いだろう。 別れを切り出した途端に今まで尊敬の対象だった主人がストーカ …

no image

このブログからの出会いについて

  以前、ネットでの出会いに警鐘を鳴らす記事を書いた事がある。 https://smblog.jp/2017/09/02/ネット出会いでの怖い体験 ネットを介しての出会いに注意を促す反面、特殊 …

剥き出しの、性

何が幸せかは人により異なる。 誰かにとっての幸せは隣人の不幸であり、 隣人の幸せは自身にとっての不幸かもしれない。   僕は普段ブログの記事を書く時に、とても慎重に言葉を選ぶ。 「調教」や「 …

no image

奴隷にするための準備

半年くらい前の話。 現在勤めている会社で仲良くしてもらっていたYさんが転職し、スイスに本社のある某食品メーカーに転職をした。 彼が転職をしてから2か月程経ったある時、新しい仕事も落ち着いてきたからとい …

no image

彼氏とご主人様 ②

  彼氏とご主人様 調教志願の連絡を頂いた女性と実際に会った時、どのタイミングでSMや調教に興味を持ったかという会話になる。 「たまたまネットで…友達とふざけて観たAVで…」などきっかけは様 …

よく読まれている記事

よく読まれている記事

記事カテゴリー

記事カテゴリー

月間記事

月間記事

カレンダー

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

※当ブログでは参考画像とオリジナル画像(サイト名・URL入り)を掲載しています。